マレーシアビジネス全面サポート| SENTROマネジメントサービス

SENTRO Management Service

言語選択    

医療保険について


マレーシアには、日本のように国民皆保険に相当する制度は存在しません。安心して海外生活を送るために、自分自身で医療保険に加入したいところですが、マレーシアで一般の医療保険に加入するためには、就労ビザを取得している必要があります。

現地で会社設立して就労ビザを取得するまでは、医療保険の加入ができません。マレーシアにて医療保険がない場合でも、軽い風邪などで近所のクリニックへかかる程度であれば、実際に支払う医療費は高いものではありませんが、医療保険のないままの長期の海外生活は不安なものです。会社設立後、就労ビザの取得、それから医療保険への加入という流れを念頭においておけば、スムーズな手続きで安心して海外生活が送ることができます

保険への加入という流れを念頭においておけば、スムーズな手続きで安心して海外生活が送ることができます。

病院について

マレーシアの病院は政府系の公立病院と民間の私立病院の2種類あります。公立病院は、国民皆保険に相当する制度がないゆえ、低所得者でも医療を受けられるよう非常に低料金ですが、いつも混みあっており、英語で生活が可能なクアラルンプールにおいても基本マレー語で会話がなされることが多いです。 民間の私立病院は、マレーシア国民はもちろんのこと、駐在する外国人の利用も多く、会話は基本英語で行われています。

マレーシアの病院が日本と大きく違う点が、イギリスの制度を受けGP制度を取り入れているところです。GP、すなわち、一般内科医(General Practitioner)のことですが、風邪などの軽程度の症状であれば、GPの常駐する街中にある民間のクリニックに行き、専門的な医療が必要と判断されればGPの紹介により専門医のいる総合病院に行くといった制度です。

英語での会話に支障がなければ、日本人がマレーシアで風邪や怪我など比較的症状の軽い状況で病院に行くとき、GPが開業する民間のクリニックを利用することになります。こういったクリニックはクアラルンプールやその近郊であれば至る所にあり、医者の質も日本と変わりなく、質の高い医療を受けることができます。治療費は、風邪でかかった場合、薬代込みでRM50(1,250円)程度です。お店が集まるショップロットの並びにあったりと比較的アクセスも良く、自分のライフスタイルに合った場所を見つけやすい利点もあります。

言葉の問題があるという方や、日本人の医者に診てもらいたいという方には日本人医師やコーディネーターが常駐する病院もあります。日本人医師や看護師が常駐、または日本語が話せるマレーシア人が常駐、日本人コーディネーターが常駐するなど、それぞれの病院で状況も違いますがクアラルンプールとその近郊、特に日本人が多く住むモントキアラやバンサ―エリア、KL中心街にも点在しているので安心です。

いずれの病院でも、医師、看護師ともにホスピタリティの溢れる対応をしてくれるのはマレーシア人の特徴です。体調を崩すこと自体が不安ですし、海外の病院にかかるとなると不安も倍増するかもしれませんが、マレーシアにおいては安心して受診できると思います。多民族国家で様々な言語が飛び交っているため、片言の英語でも理解しようと努めてくれるでしょう。日本人が常駐する病院を含め、民間クリニックは先述のように各所にありますので、通勤や外出の際に場所だけでも確認しておき、現地の方の評判を聞き、ホームドクターを見つけることも大切です。