マレーシアビジネス全面サポート| SENTROマネジメントサービス

SENTRO Management Service

言語選択    

マレーシアの食べ物


マレーシア生活での楽しみの一つはバラエティ溢れる食事です。多民族国家でそれぞれの民族の食べ物が楽しめます。
日本では中華料理やインド料理と大きなカテゴリーでくくられますが、マレーシアではより細かい分類で、 中華料理であれば、広東、四川、客家、福建料理等々、インド料理でも、同じく地方ごとや宗派別の食べ物を楽しむことができます。 またイスラム国家のため、アラブ系の料理の店も多く、チョイスは非常に豊富です。

マレーシアならではの料理が、ニョニャ料理です。中国系移民とマレー系の間に生まれた子孫たちが作り上げた文化の一つで、 見た目は中華料理、味付けはマレー料理のようなスパイシーさがあり、マレーシア以外ではなかなか食べることのできない料理の一つです。

マレーシア人がよく食べるもので有名なのは、マレー料理で朝ご飯として食べることが多いナシレマ。
早朝、通りでバナナの葉に包まれて売っているのをよく見かけます。ココナッツで炊いたごはんに、揚げた小魚、キュウリ、卵、サンバルという辛いソースがついています。 また、インド系の料理で多くの人に愛されているのは、ロティチャナイです。これも朝ごはんの定番の一つです。

インド系住民はインド南部にルーツを持つ人が多く、インド北部地方でメジャーな、日本でもお馴染みのナンはあまり見かけません。
ロティチャナイは、パイ生地を何層も重ねたようなサクサク感ともっちり感があり、それをカレーソースにつけて食べます。 何種類もバリエーションがあり、カレーにつけないタイプの甘めのものやバター入り、バナナ入りなど、メニューを見るのが楽しくなります。

マレーシアならではの食べ物の一つはドリアンです。好き嫌いが現地の人でもはっきり分かれますが、ドリアンの季節になると道端で売っていることが多く、 スーパーでも売り出されます。持ち込みが禁止される場所があるほど独特な臭いで、ドリアン売り場はすぐに嗅ぎ分けられます。
マレーシアはフルーツ王国でもあります。マンゴスチン、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、ハニーデュウ(メロンのような果物)、パパイヤ、マンゴー、 いずれもライチに似たランブータン、マタクチン、ドクゥなど数え切れず、日本で高価なものもお手軽な価格で堪能でき、 また暑い国で体を冷やしてくれる効果もあるので、ジュースやスイーツとしても食べられています。

シーフード料理も豊富で大変人気があります。日本でよく見かける鯛、マグロ、サーモン、鯵等々がスーパーで手に入ります。 鮮度や入ってくる魚は日々違いますが、日本のように魚の処理も担当者にお願いすることが可能です。 週末に多く開かれる朝市(パサールパギ)でも新鮮な魚が手に入りますが、スーパーと違い英語がなかなか通じないことが多いです。 日系のスーパーでは、日本の魚屋さんが入っているところもあり、刺身をトレイに並べるディスプレイも日本さながらに新鮮な魚を購入することができます。

その他、日本人に人気があるのは、チャークェテオ(太く平たい麺をスパイシーに炒めた焼きそば風)、プロンミー(蝦麺)、ワタンミー(雲?麺)、 ラクサ(魚介のスープの米粉麺)などの麺類。チキンライス、ナシゴレン、ナシシャンプル(好きなおかずを載せる)などのご飯類。
サテ(甘い焼き鳥)、スチームボート(マレーシア風鍋)など、また中華系のレストランではフライドライス(チャーハン)やディムサム(飲茶)を始め、 日本人好みの中華料理を必ず見つけられるので、毎日外食でも飽きることはありません。