マレーシアビジネス全面サポート| SENTROマネジメントサービス

SENTRO Management Service

言語選択    

マレーシアの治安


マレーシアは東南アジアの中でも比較的治安が安定している国だと言われます。
麻薬所持で極刑を科されるというのは入国カードにも明記してあり、取り締まりも非常に厳しいことで知られています。しかし、日本を一歩出ると気を引き締めないといけません。治安が比較的安定しているといわれるマレーシアでも、安全な日本にいるときと比べるとやはり犯罪に巻き込まれることが多くなります。

マレーシアで、特に来たばかりの時に特に注意が必要な犯罪として、ひったくりが挙げられます。
現地の人たちに聞くと、旅行者や来たばかりの日本人は歩く後ろ姿だけで日本人と分かるそうです。一番多いひったくりのパターンが背後からバイクで近づき、カバンをひったくるというケースです。

ひったくられたカバンがうまく体から離れずに、バイクに引きずられ、大けがをした日本人、また被害者は日本人ではありませんでしたが、死亡につながるケースも起こっていました。自分自身の経験として、必要に迫られて、電話連絡しながらの移動が必要な際、首から携帯をかけタクシーを待っていると、背後から来た2人乗りのバイクに首にかけた携帯だけを見事に奪われました。天気のいい午後の、人通りや交通量もある場所での出来事でした。

日本では携帯電話を盗んでも簡単には使用や転売ができませんが、マレーシアの携帯電話の多くがSIMタイプのもののため、SIMカードを外せば自由にやり取りが可能です。
その上、携帯電話は高級品の部類に入るので、携帯電話がターゲットとなることは多いようです。財布や携帯電話を後ろポケットにさして歩くことはご法度です。どうしても歩いて移動が必要な際は、持つ荷物や持ち方に十分注意し、また、目をつけられそうな服装にも注意が必要です。

ショッピングモールやレストランで注意しなくてはいけないのが、置き引きです。日本人は無意識にカバンを置いて席を立つことが多いですが、マレーシアでこの犯罪は頻発しています。席を離れなくても、背中と席の間にある荷物も置き引きに遭うことが多いため、貴重品の入っている荷物は体から離れないよう、かつ自分の視界から確実に見えるところに置くことが大切です。

車中の置き引きもマレーシアで多い犯罪です。駐車している車には見える範囲に何も置かないことが鉄則です。音楽のCDさえ置き引きの対象になります。また、駐車している車だけなく、信号待ちや少しの待ち時間の停車時にも気を付けなければいけません。
信号待ちの間に、少し開いた窓や、ひどい場合には窓を割って、助手席に置いておいたカバンを持っていかれる犯罪も多く、車の中は見られているという意識を持ち、所持品を管理すべきです。

車社会のマレーシアは、車に関する犯罪が多く、車泥棒も頻発しています。現地の人の間でも、「あの車種は盗まれやすいから・・・」といった話は非常によく聞きます。
また、車に乗り込むと必ず、すかさずロックするよう求められるのは、すきを見て乗り込んでくる犯罪が多発していることからです。車の停車中に近づいてくる人がいれば絶対に窓やドアを開けてはいけません。ショッピングモールの地下駐車場などでも、車の持ち主が車に乗り込む際に車ごと奪ってしまうという犯罪もあるので、車の乗降の際は特に注意すべきポイントです。