マレーシアビジネス全面サポート| SENTROマネジメントサービス

SENTRO Management Service

言語選択    

マレーシアで会社を設立するまでの流れ

ヒアリング
  1. ご希望の会社名の確認
  2. 事業内容の確認(3つ)
  3. 取締役及び株主(設立時は発起人として、個人2名)のICまたはパスポートのコピー
  4. 取締役及び株主全員の住所、メールアドレス、電話番号
署名・提出
弊社オフィスに来社していただきます。

  1. 取締役及び株主全員に法定書類に署名を頂きます。
  2. 設立書類の提出
承認
承認を待ちます。
承認された場合はこれで完了となります。
設立までの目安期間は、2~4週間となります。

マレーシアにおけるビジネスについて

マレーシアは起業のしやすさ・生活環境において、アジアでトップクラスの国です。世界銀行が毎年発行している「Doing Business 2016*」において、マレーシアは18位でシンガポールに次いで東南アジア2位となっており、34位の日本と比較しても起業のしやすさで優位に立っています。 *規制や制度等を比較評価し各国のビジネスのしやすさをランキング化したもの それでは実際のところどうなのか、弊社がマレーシアで会社設立を希望されるお客様より、よくご質問頂く、法規制に関する疑問点についてお答えします。

法規制

1,独資では進出できない?
コンビニ、物流、教育等一部の業種を除き独資で進出可能
2,事業資金の送金が自由に行えない?
自由に送金可能。マレーシアで獲得した利益も本国へ送金可能。
3,必ず現地取締役が必要?
一般的に自社社員が就労ビザを取得できるまでは、居住取締役2名分の名義を借りる。業種により必ず必要な場合もあり。居住取締役は、ローカルまたは就労ビザを保有する外国人でも可。
4,資本金は最低いくら必要?
最低RM2で会社設立は可能です。但し、就労ビザ申請時には業種により最低資本金額が定められているため、ご注意ください。

上記の通り、マレーシアはビジネスを始めるにあたり、大きな障害となることが少なく、安心して事業をスタートすることが可能です。
以前は製造業の進出が目立っておりましたが、近年では、中間層・富裕層が増大する経済成長が著しいマレーシアにおいて、現地の消費に目を付けたビジネスを行う日系企業がどんどん進出してきております。他の東南アジア諸国に比べて、ビジネスによっては、まだまだ競合がいないのもマレーシアの魅力の一つです。是非この機会をまたとないチャンスと捉え、マレーシアへの投資・進出をされてはいかがでしょうか。

私たちのサービス

弊社がマレーシア会社設立、進出のワンストップサポートを始めさせて頂いたのは、現地に高いクオリティでリーズナブルに包括的に進出のサポートをして頂ける会社がなかったためです。マレーシアに進出した会社にとっては、ほとんど全てのことが初めてのため、どのような手続きがいつ、いつまでに必要かなどが分からず、「そんなことは聞いていなかった」という理由で罰金を支払うケースや損失を出してしまうケースがあります。弊社では、会社設立、会計、税務、監査等のワンストップサポートを行っており、それぞれの視点で必要な手続きや対応策のアドバイスを行うことが可能なため、安心してご利用頂けます。

私たちの強み

弊社は、2015年8月にM&M ARC SDN BHD社より分社化した会社設立・会計サービス専門の会社です。これまで、100社を超えるお客様とビジネス関係を構築すると共に、様々な事業を自社で立ち上げてまいりました。そのため、多くの実績と経験を蓄積できていることが弊社の強みとなります。

1. 安心のワンストップサービス
会社設立、会計、不動産、人材紹介をグループ会社で内製化しており、迅速且つ柔軟な対応が可能です。会社秘書役、公認会計士の専門家を社内に据え、日本人が窓口となり、最後まで自社で責任を持って対応させて頂きます。
2. 実績に基づいたアドバイス
当社強みの1つは、実業を行っているところにあります。事業を行っていなければ分からないノウハウや人的ネットワークも惜しみなく提供させて頂きます。中でも、飲食業に関しては、立地選定、販促、FCパートナーの紹介、事業収支表作成など、包括的にサポート可能です。
3. リーズナブルな価格体系
お客様へ弊社サービスを知って頂く機会をより多くするために、料金体系は非常にリーズナブルになっており、日本語対応にも関わらず、ローカル企業の価格体系と同等あるいはそれ以下に設定させて頂いております(サービスによる)

マレーシアの外国人労働者問題と給与について

マレーシアの外国人労働者問題と給与について

マレーシアには2013年まで最低賃金に関する確たる法律がありませんでした。しかし、2013年1月に政府の方針として、初めて最低賃金令が施行されました。 2
マレーシアの歴史について(独立以降)

マレーシアの歴史について(独立以降)

1968年 独立国家成立後、共産主義者の反乱をはじめとする、民族間の紛争がたびたび起こり、混乱の時期に突入します。 1969年 5月13日、マレーシア史上
マレーシアの歴史について(マラッカ王国)

マレーシアの歴史について(マラッカ王国)

マラッカ王国建国〜 1396年 スマトラ島(現インドネシア)のパレンバンの王子「パラメスワラ」がトマセック(現シンガポール)経由で渡来し1396年頃マラッカ王
マレーシアの富裕層について

マレーシアの富裕層について

不動産仲介のナイト・フランク社「ザ・ウェルス・レポート」によると、マレーシアでは今後10年間で超富裕層の数が42%増加するとの予想が発表されました。 マレーシ
マレーシアの空港について

マレーシアの空港について

マレーシア国内には58の空港があり、そのうち国際空港が7つあります。 クアラルンプール国際空港、コタキナバル国際空港、クチン国際空港、ペナン国際空港、ミリ国際
マレーシアで役立つアプリ

マレーシアで役立つアプリ

マレーシア生活で役に立つアプリについての紹介です。 Uber Uber(ウーバー)は、アメリカの企業が運営する、自動車配車サービスアプリです。 利用したい
IT先進国政策について

IT先進国政策について

マレーシアは1981年から22年間首相を務めた、マハティール首相が1991年に掲げた、2020年までの先進国の仲間入りを果たすという目標、「WAWASAN202
マレーシアのイスカンダル計画について

マレーシアのイスカンダル計画について

イスカンダル計画とは、2006年、西マレーシア南部、シンガポールとの国境の町でもあるジョホール州を大開発する都市開発計画で、2025年までの20年間で投資総額1
マレーシアのタブー

マレーシアのタブー

マレーシアはイスラム国家のため、日本での振る舞いがタブー視されることがあります。 長期滞在するにあたって、初めから知っておけばトラブルにならない、または相手を
マレーシアの中の日本

マレーシアの中の日本

マレーシアに慣れたころや疲れがたまったころ、ふと日本を懐かしんだりすることや、 日常で『日本』に触れる時間を大切にすることで、異国にいるストレスとうまく付き合っ
医療保険について

医療保険について

マレーシアには、日本のように国民皆保険に相当する制度は存在しません。安心して海外生活を送るために、自分自身で医療保険に加入したいところですが、マレーシアで一般の
マレーシアで車は必要か?

マレーシアで車は必要か?

マレーシアは車社会です。 クアラルンプール(KL)ではLRTやKTMなど(鉄道)の発展により以前と比べて飛躍的に便利になりましたが、日本の鉄道事情とは違い、時
マレーシアの住環境について

マレーシアの住環境について

マレーシアでは住居の賃貸契約は就労ビザが必要ありません。そのため、会社設立をする前または会社設立後の就労ビザの申請中であっても、住居の賃貸契約が可能です。
マレーシアでの休日の過ごし方

マレーシアでの休日の過ごし方

マレーシアに住む日本人は休日どのような過ごし方をしているのでしょうか。 ゴルフ好きであれば、マレーシアは「ゴルフ天国」とも呼ばれており、思う存分楽しみことがで
マレーシアの食べ物

マレーシアの食べ物

マレーシア生活での楽しみの一つはバラエティ溢れる食事です。多民族国家でそれぞれの民族の食べ物が楽しめます。 日本では中華料理やインド料理と大きなカテゴリーで
マレーシアでの生活費

マレーシアでの生活費

マレーシアでの生活費を、単身で駐在するとした場合、どのくらいかかるでしょうか。 10年程前はマレーシアの物価は日本の1/3程度だと言われていましたが、徐々に物
マレーシアの祝祭日

マレーシアの祝祭日

多民族国家のマレーシアは、それぞれの祝祭日があり、他民族の祝祭日も大切にしています。 マレー系の最大の行事はハリラヤプアサと呼ばれる、1か月のラマダン(
マレーシアの言語

マレーシアの言語

マレーシアは多民族、多言語国家であり、国語はマレー語、公用語は英語で、国内ではその他に中国語、タミール語が話されています。 日本では、国語も公用語も日本語の
マレーシア多言語社会の問題

マレーシア多言語社会の問題

マレーシアの多言語文化で興味深いのは、それぞれの民族、中国系は中国語、インド系はタミール語のカテゴリーにだけ単純に分けられないということです。 教育の選択は
マレーシアの福利厚生

マレーシアの福利厚生

マレーシアの福利厚生はまだまだ大変充実しているとまでは言い切れませんが、どのような福利厚生があるのでしょう。 SOCSO(Social Security O
マレーシアで使える現地の言葉6選

マレーシアで使える現地の言葉6選

1,「ありがとう」「Terima kasih ‐テリマカシ」。 ガイドブックにも「テリマカシ」との日本語表記がありますが、「トゥリマカセェ」という表記が割と
マレーシアの治安

マレーシアの治安

マレーシアは東南アジアの中でも比較的治安が安定している国だと言われます。 麻薬所持で極刑を科されるというのは入国カードにも明記してあり、取り締まりも非常に厳
マレーシアで多い犯罪

マレーシアで多い犯罪

日本と比べると、早朝の犯罪が目立つのが違いの一つなのかもしれません。ムスリムが多いマレーシアは、朝の礼拝のために早起きの人が多いです。 また暑さを避けるため
マレーシアの人口について

マレーシアの人口について

マレーシアの人口はおよそ3,100万人です(2016年マレーシア統計局)。マレー系(原住民族を含む)68.6%、中国系23.4%、インド系7.0%、その他1.
マレーシアの政治について

マレーシアの政治について

マレーシアの政治体制は、立憲君主制(議会制民主主義)をとり、現元首は第15代国王のムハンマド5世で、マレーシアの13州のうち、スルタン(Sultan:イスラム